上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
噂によりますと、意外に釣れてるそうですよ>霞ヶ浦水系

気温はびっくりするほど高いですので、大量な飲み物と日焼け止め、サングラス、帽子をバッチリ用意して、釣りを楽しみましょう。

で、今日は例の魚探をブッタ切ってみたいと思います。
P4290460.jpg

まずは何に感動するかと言いますと、一番売りの「サイドビュー」と言うヤツ。
水中を何処まで正しく写しているかは別として、釣り人のイメージ、やる気を増幅させる材料としては、最高の写りをしてくれます。護岸が「H鋼」の形に写った時は、感動して涙が出ましたからね(嘘です。すいません)

浚渫のブレイクやショアラインのファーストブレイク形状を把握するには、1回走ればそれでお終い。とにかく簡単です。特にはじめてのフィールドを探索する時間は大幅に短縮されるんじゃ無いでしょうか?!ただ、サイドビュー側の水深が、慣れないと把握し辛い気がしましたので、イイ地形じゃんサイコー!と思って、サイドビューで写った所へ実際に入ってみると、イメージより深い。という感じはありましたが、それを補って余りある情報量と言えるでしょう。あとは、真下と横が同時に写っていますので、イメージをリンクさせる事が出来るようになれば、かなりの武器になると思いますし、釣りの幅が一気に広がるでしょうね。欲しいかと言われれば、正直欲しいです。

では、ここからちょっとけなしますかね
ちょっと大げさに写ってんじゃないの?!と言う様なところも多々ありますので「魚探に振り回されて釣りにならない」と言う方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?私なんかは、確実に振り回されるでしょう。

トランスデューサーがデカ過ぎ。
気合でインハルにセッティングされているプロの方も居るそうですが、基本的にトランサム外付けが多いかと思います。あの大きさだと、取り付け位置によっては、確実にボートのスピードが落ちるでしょうね。船章メカ氏に聞きましたが「かなりのエアーを引っ張り、プロペラの水の掴みに相当な影響が出る。走りにイイ訳が無い」と、コメント頂きました。

これが一番けなしたい所なんですが、値段高すぎ。買えません。
下手すると(しなくても)、船が買えます。

じゃーどうなの?と言われますと、きっとプロの方や釣りこんで入る方々は、自分のホームレイク等の湖の地形は、この魚探で見るまでもなく、同じかそれ以上のレベルで、既に地形やインビジブルストラクチャーを把握されてるんじゃないかと思います。私ですらも、よく釣りしたある浚渫のブレイクは、ほぼ想像していた形状に写りましたからね。

じゃー着けた方がいいのか?
いろんな湖へ行く、お金にたいへん余裕がある、魚探かけが釣りより好き、湖を更にもっと知りたいetcな感じな人にはイイんじゃ無いでしょうか?ただし、トランスデューサーの取り付け位置には細心の注意を払い、信頼できるメカニックの方と相談された方がよいと思います。

と言う感じで、全くブッタ切れてないですが・・・
IMAKASTUのHPの大薮プロの「魚探ココは何処でしょう?」は、面白かったです。ぜひ復活を

※本当かどうか分からないこの魚探を付けているボートのオーナー話し
超音波の反射から、プログラムである程度形状を判定し、タイヤや船等の形状に補正して、画面上に出力しているとかいないとか・・・じゃーアメリカでプログラミングされているこの魚探。アメリカに無い物が水中にあった場合どう写るのか?
例えば、神輿とか神社とか・・・

この話しは、真実なんですかねぇ・・・誰か教えてください。


と言う事で、今週もTOTO-BIG買います。来週には6億円です。
そうしたら一台買いますかね。

スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

詳しくは口答で話します。取り付けは‘ここっ!’ってとこがあるんですよ!
今まで皆さんが付けてる場所は不正解ではないですが、確実に100パーセントの取り付け位置が存在します。
各社のボートによって少し違いますが・・・。「あーなるほど!」って所です。お楽しみに!メールで・・・
【2007/05/13 Sun】 URL // まるな #- [ 編集 ]
すいません。Blog慣れてないもんで、コメントの存在をすっかり忘れていました。

メール拝見させていただきました、勉強になりました。
やっぱり色々ありますねぇ。バスボートは楽しいです。

と言う感じで、依頼の件よろしくお願い致します。
【2007/05/14 Mon】 URL // 赤いか #rqrYpqSg [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://nfbblog.blog89.fc2.com/tb.php/12-867b7f60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
THIS SITE is LINK FREE!
HOME
HOME
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2007 外来遊戯中毒者 NFB all rights reserved.
プロフィール

赤いか@NFB

Author:赤いか@NFB
外来遊戯中毒者
バスボートサイトNFB管理人
バスフィッシング、ダーツにハマる
本家サイトNFBもご覧下さい。

最近の記事
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブログランキング
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。