上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやーがんばって続いてますね。>バスボ講座

皆さん少しは参考になっているんでしょうか?!

やっと梅雨らしく、ジメジメシトシトと雨ですね。

しかし、九州地方なんか降りすぎじゃないですか?!
台風にはまだ早いでしょう。

と言う事でついに3日目「ラフウォーター」ネタです。
くれぐれも、皆さん無理しないで安全航行でお願いします。

4.荒れた時にどう乗る?
(1)お天気を確認
携帯やパソコンから、3時間ごとの天候、気温、風向き、風速etc・・・湖付近の天気予報を得る事が出来ます。前日や家を出る前に必ず確認しましょう。
10m以上の風の予報がある場合は、自分の行く湖に対してどんな影響が出るかを風向き等を合わせて検討して、可能であれば現地に電話して風やお天気を確認、場合によっては出船を見合わせるぐらいの慎重さがあるとイイですね。

折角来たんだから・・・
久しぶりに来たから・・・
こういった理由で無理をすると、ロクな事はありません。自然は強大です。

私なんかは、とりあえず行ってみて、船を出せない強風を確認して、何もしないで帰ってくる。なんて事が良くあります。


(2)荒れた湖面を走る心構え
 ・ストレージの中を掻き混ぜられても大丈夫?
  (デジカメとか予備のリールなんか大丈夫ですか?!)
 ・デッキの上にある竿、タックルボックスetcは大丈夫?
  (不安があれば、ストレージに仕舞っちゃいましょう)
 ・魚探はきちんと取り付けされている?
  (ロータリー架台は簡単に折れますよ、不安であれば外してしまいましょう)
 ・エレキの取り付けは大丈夫?
  (ゲーターマウントをゴムのみで取り付けて居る方。簡単にモゲますよ)
 ・ボートのバッテリーはきちんと固定されていますか?
  (殺人的に重いバッテリーも、簡単に宙に舞います)
 ・人間の準備は大丈夫?
  (腰痛とかありませんか?同船者に掴まる所の確認はしてもらいました?)
 ・他に「ヤバイかな?!」と思ったところは、必ず処置しましょう。
  (処置できない場合は、潔く出船を諦めるか、救助をお願いしましょう)


(3)まずは自分の船の特性を知りましょう。

どの場所が一番波を切り裂く事が出来るか?
船体の何処まで強い「V(ブイ)」が入っているか?
何処からが平らになっているのか?

トレーラーに乗っかった状態で、しゃがんで前方向から覗き込めば、一目瞭然ですね。
※感覚的にこういうハル形状だと理解して頂ければ十分ですので、何が何でもここでしか波が切れない!と言う思い込みはしないで下さい。
DSC00682.jpg


簡単に言ってしまえば、船底の平らな所で波を受ければ、船は跳ねるし衝撃も大きいです。逆にV(ブイ)が入っている所で波を受ければ、波を切り裂いてくれるので、船も跳ねずに衝撃も小さい。
とまぁこんな感じです。書いてしまえば超簡単。

要は、船底の何処で一番最初に波を受けて走らせるか、と言う事になります。



事前の準備ネタからと言う事で、肝心なライディングはまた明日。
遂に核心です。

スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


管理者にだけ表示を許可する
http://nfbblog.blog89.fc2.com/tb.php/48-c8629f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
THIS SITE is LINK FREE!
HOME
HOME
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2007 外来遊戯中毒者 NFB all rights reserved.
プロフィール

赤いか@NFB

Author:赤いか@NFB
外来遊戯中毒者
バスボートサイトNFB管理人
バスフィッシング、ダーツにハマる
本家サイトNFBもご覧下さい。

最近の記事
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

RSSフィード
FC2ブログランキング
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。